ハジメマシテ。私は、広島東洋カープに在籍していた”二刀流の漢”ペルドモといいます。

普通の大砲型外国人助っ人よりも、投手と内野手が両方できたりする奇抜な助っ人のほうが好きだ!

というマニアックな方のために生まれた新しい形の助っ人です。

どうかよろしくお願いします。


バーチャルネット二刀流

ペルドモ 背番号71




◇ 本日のカープ ◇


平成23年12月30日

青木、絶対的左キラーへ今オフも山ごもり

今季は異様に登板数が多くなり勤続疲労が心配でしたが、大丈夫そうですね。




◇ ペルドモ メモ ◇


平成23年8月23日 大切なお知らせ

本日、突然の故障による長期離脱から復帰致しました。

バーチャルネット二刀流ペルドモは、怪我にも負けず頑張る野球選手を応援しています。


平成23年7月8日 カープアカデミーとは

本日は、私が育ったカープアカデミーについて、簡単にご紹介します。

外国人選手の発掘・育成のため、広島東洋カープが1990年11月に6億円を投じて、ドミニカ共和国に作った日本球界史上初のアカデミーです。

ちなみに、本日のカープ対ジャイアンツ戦における、カープのスタメンメンバー全員の年俸を合計しても4億9650万円です。

このカープアカデミーで育った選手は、その多くが私同様にカープにやってきています。

素晴らしい実績を残した選手もいれば、いつの間にかいなくなっていた選手もいたりと、その後の野球人生は様々です。

そんなカープアカデミー出身者の中に、とてつもない化物選手が存在します。

その名は、アルフォンソ・ギレアルド・ソリアーノ ・・・



※今現在、カープにはディオーニ・ソリアーノという同じくアカデミー出身の外国人選手がいますが、全く関係ありません。

さて、このアルフォンソ・ソリアーノ選手。1996年にアカデミーからカープに入団。

1年目は2軍で57試合に出場し、打率.214、本塁打0、13打点と、何ともいえない成績。

2年目は1軍で9試合に出場するも、17打数2安打と、満足のいく成績を残すことはできませんでした。

そんな成績だったわけですから、当然年俸についても少なくて当然になるわけですが、ソリアーノ選手はこう言ったそうです。

「日本にいる外人の平均年俸は5,000万。だから俺にももっとくれ」

ただでさえ年俸をケチるカープ側がそんな要求を呑めるわけもなく、結局その年に任意引退で退団しました。

その後ドミニカ共和国に戻り、そのままフェードアウト・・・するかと思いきや、ここからまさかのサクセスストーリーが始まります。

アメリカ・メジャーリーグの強豪であるニューヨークヤンキースが、ソリアーノ選手の才能を見抜き契約。

3年目には頭角をあらわし、打率.268、18本塁打、73打点、43盗塁の好成績を残します。

翌年にはリーグ1位となる128得点、209安打、41盗塁を記録、翌々年も打率.290、38本塁打、91打点の好成績をマーク。

超攻撃的な1番打者として、ヤンキースの核弾頭と呼ばれるほどのスター選手となったのです。

その後は3球団を渡り歩き、ここ最近は衰えも否めませんが、間違いなくメジャーリーグの歴史に残る選手となったソリアーノ選手。

もし、あのままカープに残っていたらどんな野球人生になっていたのか、全く想像できません。


ただ1つ言えることは、彼がカープアカデミーの最初で最後の最高傑作であるということでしょう。

仮に第2、第3のソリアーノ選手が出てきても、カープで長年活躍してくれることはないでしょう・・・ (お給料の問題で)


バーチャルネット二刀流ペルドモは、

ジャンル名が「ドミニカ共和国」である、なおきち氏のBMS「誰かおごりで佃煮喰う誰かおごりで佃煮喰うReturn」を応援しています。



リンクフリー(無断&直リンOK)



トップに戻る