headermenu_prologue.jpg

ドラフト最後の夜。

今年は、何事もなくドラフトが終わろうとしている。


海にも行かず、山にも行かず、アミューズメントパークとやらにも行かず…。

思い返せば思い返すほど、野球のみ…つまらない結果だけが残った。


なぁに…どうせどこへ行ったところでカップルだらけだし、人混みも苦手だ。

野球場でだらだらと過ごした方が正解に決まってる!


…のはずなのだが、憧れの選手と一緒なら、

そんな状況も変わってたんじゃないのか…そんな疑念が頭から離れない。


どんな球場でも、どんなに厳しい練習でも、スター選手と2人でやれば楽しく過ごせた…そんな気がする


思い切って渡米したり、現地突撃…とやらに挑戦するべきだっただろうか?


結果はともあれ、何事もないドラフトってのは避けられた気がする。


あ〜あ、今さらだよな。

結局、何にもできかったんだから仕方ない。

ドラフトは終わったんだ。


    ×   ×   ×   ×


シーズンは7月のうちに結果を残した方がいいとか、

計画的に活躍しろとかよく言われるが、

俺は困ったことに追い込み型だ。


しかも、集中力が続かないタイプ。

今も、さっき父さんがくれたバットが気になって仕方がない。


誕生日でもないのに、父さんが俺にこんな高いものをくれるなんて、初めてのことだ。

けど、なんてことはない。


どうしても欲しい新モデルが出たので、今使っているのを俺に譲ることをダシに、

新モデルを買う許可を母さんから取り付けたのだ。


ったく、いいように使ってくれるよ。

…けど、ここは素直に父さんの物欲に感謝しとこう。


旧モデルになってしまったとはいえ、

手に入れたバットは、イチローモデルの高いヤツだ。

フツーの選手に買えるシロモノじゃない。


ずっしりとした手応え、キーンと心地良い音を立てて飛ぶ打球、

スムーズに振れるバランス…。

どれを取っても一級品だ。高級感にあふれている。


俺は、いわゆるメジャーリーグが好きだ。


暇なときはケータイかパソコンをいじって試合を見て、結果のチェックは欠かさない。


もっとも、俺の実力じゃ行けっこないのだが。


その中で、ドミニカ出身者だけはあまり興味がなかった。


ドミニカといえばカープアカデミーだし、取り立てて憧れの選手がいるわけじゃない。

なので、スルーしていた。


しかし、こうして手元に、黒光りする重厚なバットがあると、

誰かを思い出すような気がする。

けど…いったい誰を?


(とりあえず、ダメ元で、まずはマイナーリーグに挑戦してみるか)


代わり映えのしない野球人生に、変化が生まれた瞬間だった。

このゲームは、2ヶ月後に意中の選手に告白して、成功させることが目的です。


bg_bottom.png

※ 実在する人物・団体・作品等とは一切関係ありません ※